信用取引のメリットやリスクを初心者向けに簡単に解説します

投資

信用取引に興味はあるんだけど、

リスクが高そうだし、怖いな。。

そんなイメージをお持ちの方が多いと思います。

しかし、信用取引というものを理解することで、そういったイメージはかなり薄まります。

「知らない=怖い」

なんです。

 

今後の投資の幅を広げるために、ぜひ参考にしてください。

広告
広告

信用取引とは

信用取引とは、現金や株を担保として証券会社に預けることで、証券会社にお金を借りて株式を買ったり(信用買い)、株を持っていなくても、株券を借りてそれを売ったり(信用売り)する取引のことです。預けた担保の約3倍までの取引をすることができます。

わかりやすく言うと、現金50万円を担保に入れることで、約150万円分の取引ができるようになるということです。

信用取引のメリット

信用取引におけるメリットの基本的なものを3つ紹介します。
1つ目は、持っている資金以上の取引ができることにより、買付できる銘柄の幅が広がることです。基本的に国内株式の取引は100株単位となっているため、1株7,000円の銘柄の場合は7,000円×100株で70万円となります。(手数料含まず)
現物取引では、資金がこれより少なければこの銘柄を買付することができません。しかし信用取引であれば、資金が50万円でもこの銘柄を買付することができます。株価が大きい銘柄もたくさんあるので、これは大きな利点です。
2つ目は、持っている資金以上の取引ができることにより、単純に利益も大きくなるということです。うまく取引ができれば、少ない資金で大きな利益を得ることができます
3つ目は、株価が下落しても利益を出せることです。冒頭にお話しした信用売りを利用したものになりますが、これが空売りと言われる取引方法です。通常、現物取引の場合は「安く買って、高く売る」ことで利益を得ますが、空売りの場合これとは逆の方法となり、「高く売って、安く買い戻す」ことで利益を得ます。手元に株式を持たずに、「借りて売る」ことができるのです。
株価の下落が予想される時に空売りをして、その後予想通り下落したところで買い戻すことで利益を得ることができます。
相場環境の悪化などにも対応できることが大きな利点です。

信用取引のリスク

信用取引は利点が多い分、しっかりとリスクの管理をしないといけません。
持っている資金以上の取引をして、大きな利益を得る可能性がある反面、その逆もあります。信用買いをした株が下落してしまい、担保が不足すると追加で保証金が必要になります。これがいわゆる追証です。
持っている資金の約3倍まで買付できると言いましたが、目一杯の取引をすると多少の株価下落であっという間に担保が不足します。そうならないように、余裕をもって取引しなければなりません。
また、お金を借りて取引をするので、保有している間毎日金利が発生します。長期間保有した上に損切りするとなるとダブルパンチを食らうようなものなので、信用取引に限りませんが早目の損切りも必要です。

まとめ

以上、簡単にではありますが、信用取引について紹介させてもらいました。
リスクさえしっかり管理できれば、かなり便利な取引方法になります。
僕は短期間で売買する回数が多いため、信用取引は重宝しています。特に、当日中に返済するデイトレードだと手数料がかからないというサービスもあるため、かなりお得です。
とはいえ、いきなり信用取引から始めるのは少し難しいかもしれませんので、まずは現物取引で慣れてから、チャレンジしてみましょう。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
少しでも参考になれば幸いです。