株式投資で勝つためのテクニカル分析【テクニカル指標を活用して脱初心者!】

投資

株式投資を始めたけど、なかなかうまくいかない。

売買のタイミングってどうやって判断したらいいの?

こんなお悩みをお持ちの方が多いと思います。

株式投資をするなら、少しでも勝率を上げていきたいですよね。

そのためには、テクニカル分析を活用しましょう。

この記事では、人気のテクニカル指標の中から、おすすめの指標を紹介します。
基本である移動平均線やローソク足と合わせて活用しましょう。

✅本記事の内容

  • テクニカル分析とは何か メリット・デメリット
  • おすすめのテクニカル指標と使い方まとめ

✅本記事の執筆者

はじめまして!

この記事を書いているKIYOです。

証券会社で約10年勤務していた経験があり、

現在はトレーダーとして毎日相場と向き合っています。

広告
広告

テクニカル分析とは

テクニカル分析は、株価チャートをテクニカル指標を用いて分析する手法で、

過去の値動きなどからトレンドやパターンを把握し、今後の値動きを予想します。

テクニカル指標を活用することで、トレードの成功確率を上げることが可能です。

そのため多くのトレーダーが利用しています。

テクニカル分析のメリット

テクニカル分析には、以下のようなメリットがあります。

  • 相場の動きを視覚的に把握できる
  • 分析力を高めれば精度が上がる


証券会社の口座を開設すると使用できるようになる取引ツールは高性能なものが多く、取引ツール上でさまざまな指標を表示させることができます。

そういったツール上で視覚的に把握することができるため、わかりやすいです。

また、基本的にはチャートを見ていればいいので、ほかの知識があまりなくても分析ができます。

分析力を高めるにはある程度経験も必要になりますが、練習を繰り返す事で精度が上がり、自分なりの勝てるパターンが見えてきます。

テクニカル分析のデメリット

逆に、以下のようなデメリットもあります。

  • 突発的な材料には対応できない
  • 売買シグナルには「ダマシ」もある

例えば、急に悪材料が出て急落する場合もありますが、そういった動きには対応しづらいです。

株価は突発的な動きをすることがあるため、必ずしも過去のパターンと一致するとは限りません。

また、それぞれのテクニカル指標では、買いや売りを判断する売買シグナルがありますが、シグナル通りに売買しても必ず成功するとは限りません。

これが「ダマシ」と言われるものです。

ダマシを見極めるには、複数のテクニカル指標の併用が効果的です。

テクニカル指標

それでは、テクニカル分析のメリットやデメリットをふまえてもらった上で、テクニカル指標の解説をしていこうと思います。

テクニカル指標にはさまざまな種類があり、すべてを覚えて使いこなすのは難しい、というか不可能に近いと思うので、この記事で解説する指標は以下のものにします。

  • 世界的にも人気で、よく使われているもの
  • 初心者でもわかりやすいもの
  • 筆者である僕も実際に使っているもの

基本であるローソク足や移動平均線に加えて活用しましょう。

トレンド系指標

トレンド系指標とは、上昇トレンドや下降トレンドが発生しているかどうか、そのトレンドの勢いはどのくらいなのか、を分析するのに長けた指標になります。

トレンド系からは3つ解説します。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは移動平均線を応用したもので、

「順張り」や「逆張り」においての売買のタイミングを判断する際に有効です。

✅ボリンジャーバンドの詳しい解説はこちら ↓

404 NOT FOUND | KIYO 投資Blog
元証券マンの主夫トレーダーによる株式投資に関する情報ブログ

一目均衡表

一目均衡表(いちもくきんこうひょう)は、

「相場は買い方と売り方の均衡が崩れた時に大きく動くので、どちらが優勢かが分かればよく、それを一目で知ることができる」

という由来からできた手法です。

✅詳しい解説はこちら ↓

404 NOT FOUND | KIYO 投資Blog
元証券マンの主夫トレーダーによる株式投資に関する情報ブログ

MACD

MACD(Moving Average Convergence Divergence)とは、移動平均収束拡散などと言われ、移動平均を応用したものです。

この指標は、トレンド形成時に強く、ボックス相場に弱いのが特徴です。

✅詳しい解説はこちら ↓

404 NOT FOUND | KIYO 投資Blog
元証券マンの主夫トレーダーによる株式投資に関する情報ブログ

オシレーター系指標

オシレーター系指標とは、現在の相場が買われすぎなのか、売られすぎなのかを分析するのに長けた手法です。

オシレーター系からは2つ解説します。

RSI

RSI(Relative Strength Index)は、相対力指数と言われ、オシレーター系指標の代表的な指標です。

買われすぎ、売られすぎを判断するので、ボックス相場では高い効果を発揮します。

✅詳しい解説はこちら ↓

404 NOT FOUND | KIYO 投資Blog
元証券マンの主夫トレーダーによる株式投資に関する情報ブログ

ストキャスティクス

ストキャスティクスは、RSIと同様のオシレーター系の指標で、買われすぎ・売られすぎを判断する指標です。

ストキャスティクスには、相場の動きに素早く反応するファーストストキャスティクスと、動きの緩やかなスローストキャスティクスの2種類あります。

✅詳しい解説はこちら ↓

404 NOT FOUND | KIYO 投資Blog
元証券マンの主夫トレーダーによる株式投資に関する情報ブログ

まとめ

テクニカル分析について解説しました。

  • トレンド系指標
  • オシレーター系指標

この2つの指標を組み合わせて使うことで、精度があがります。

この記事を読んだら、あとは実践あるのみです。

経験を積み重ねて、トレーダーとしてステップアップしましょう!

✅あわせて読みたい ↓

404 NOT FOUND | KIYO 投資Blog
元証券マンの主夫トレーダーによる株式投資に関する情報ブログ
404 NOT FOUND | KIYO 投資Blog
元証券マンの主夫トレーダーによる株式投資に関する情報ブログ